【製品について】木製キッチンアイテムのお手入れ方法

まな板としてはもちろん、お皿やトレー代わりにお料理を盛りつけたり、

ホームパーティーなどでも活躍してくれるカッティングボードや、

いつもの料理もおしゃれに見える、素朴な味わいが人気の木の器など。

木製のキッチンアイテムは

丁寧にお手入れして使えば 味わいが増し、経年変化を楽しみながら長く使えるアイテムです。

【カッティングボードのお手入れ方法】

[毎日のお手入れ]

使用後はなるべく早く洗って下さい。

軽い汚れは、洗剤を使わず水洗いだけで充分です。

汚れが強い場合は中性洗剤で優しく洗って下さい。

洗った後は乾いた布でよく水分を拭き取り、吊り下げるか立てかけて

直射日光の当たらない風通しの良い場所でしっかり乾燥させてください。

[ヌメリや臭いが気になったら]

カッティングボードを洗い、濡れた状態で全体に塩を振ります。

その上から、レモンの切れ端で円を描くように擦り

水で洗い流し熱湯消毒をしたあと、よく乾燥させてください。

[オイルメンテナンス]

表面がカサついてきたり、白っぽくなってきたら

紙やすりなどで表面の汚れを落とし

オイルを少量ずつムラなく塗って保湿してあげてください。

使用するオイルは、クルミ油、エゴマ油、オリーブオイルなどの100%自然オイルをお選びください。

乾いた布で拭き取り、しっかり乾燥させ

ベタつきがなくなればメンテナンス完了です。

【木の器のお手入れ方法】

[取り扱いの注意点]

電子レンジや冷蔵庫では使用しないでください。

油分の多いものや、色味・臭いの強い料理などを盛りつけるとシミや色移りの原因となることがあります。

ワックスペーパーを敷くなどして盛り付け、使用後はすぐに洗っていただくのがおすすめです。

[毎日のお手入れ]

使用後は食器用洗剤と柔らかい布かスポンジで優しく洗って下さい。

洗った後は乾いた布でよく水分を拭き取り、しっかり乾燥させてください。

食洗機は変形やひび割れの原因となりますので使用しないでください。

また、長時間水に浸すとカビの原因となりますので浸けおき洗いはお控え下さい。

[オイルメンテナンス]

表面がカサついてきたり、白っぽくなってきたら

オイルを少量ずつムラなく塗って保湿してあげてください。

使用するオイルは、クルミ油、エゴマ油、オリーブオイルなどの100%自然オイルをお選びください。

カサつきがひどい場合は、オイルを塗る前に目の細かいサンドペーパーでさっと磨いてください。

乾いた布で拭き取り、しっかり乾燥させ

ベタつきがなくなればメンテナンス完了です。

▼ いろいろな木製のキッチンアイテムをご用意しています

普段のお料理にどんどん取り入れて、おしゃれな食卓を演出してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です